セックスレス解消にも効果的!実践的なポリネシアンセックスのやり方

 

 

私は妻とセックスレス時代があったのですが、このポリネシアンセックスがきっかけでセックスレスを解消したといっても過言ではありません。

 

それくらい、肉体的にではなく精神的にも満たされるセックスの方法です。

 

とはいえ、なかなか本家のポリネシアンセックスは5日間という時間をかけて行うセックスですので、現実的には難しいでしょう。

 

ですので、今回は私もやっていた実践的なポリネシアンセックスを紹介したいと思います。

ポリネシアンセックスとは

 

ポリネシアンセックスとは、ポリネシア地方で古来から伝統的に行われるセックスの種類の1つです。

 

日本で有名になったきっかけは『サイレント・ラブ』という作家の五木寛之の作品がきっかけという説が有力です。

 

長い時間を互いの愛情を確かめ合う時間に使い、精神的な充足を目指すのがポリネシアンセックスです。

 

普通のセックスでは、行為中に快感を得ることができます。

 

ところがポリネシア地方の伝統的なセックスでは、行為中だけに感じるはずの快感がずっと続くことになります。

 

そのため、普通のセックスでは感じられないような愛情深いオーガズムを味わうこともできると言われています。

 

通常セックスと言えば、愛撫から始まり挿入して終わります。

 

ポリネシアンセックスでは、なんと愛撫に四日間もかけます。

 

その間、挿入は行いません。

 

四日間をかけてたっぷりとパートナーへの愛情を確認し、また自分が如何に愛されているのかを知り、精神の充足を得るのです。

ポリネシアンセックスのやり方(本家ヴァージョン)

 

では、まずはポリネシアン地方に古くから伝わる正統的なポリネシアンセックスのやり方を紹介していきます。

 

1日目〜4日目

 

ポリネシアンセックスでは、挿入を行うまでに四日間、互いの気持ちを高めることに費やします。

 

セックスを行う日を決めたら、それまでの日は裸になり、抱き合ったり互いに愛撫し合ったりして過ごしましょう。

 

普段あまり触れないような場所にも、積極的に愛撫をするのも効果的です。ただし、性器への愛撫は行いません。

 

互いの愛情を確かめ合うように、様々な部分に触れ合います。愛情たっぷりに行う愛撫は、とても心地が良いものです。

 

触れるのも、触れられるのも、互いの愛情が伝わり気持ちが高ぶります。

 

挿入までの四日間は、愛撫に一時間ほどかけるのが良いでしょう。

 

愛情深い触れ合いを続けていると、挿入する五日目には互いに気持ちが盛り上がり、最高潮に上り詰めているはずです。

 

5日目最終日

 

いよいよ来た五日目にも、急いで挿入することはありません。

 

まずは今まで同様の触れ合いから始めます。時間も十分に取りましょう。

 

四日目までと違うのは、性器へも触れていいということです。

 

触れて欲しくて我慢していた場所が、敏感に感じるようになっている様を体感できます。

 

男性でも女性でも、待ちに待った場所への愛撫で、すぐにオーガズムに達してイってしまいそうです。

 

たっぷりと時間をかけて愛撫し合い、互いを受け入れる段階になれば挿入に移ります。

 

いざ挿入してからは、30分間互いの性器を感じるように動かずじっとしていましょう。

 

ペニスが元気をなくしそうな時には、緩く動かして様子を見ます。お互いのぬくもりを十分に感じ取り、幸せを感じてください。

 

十分にお互いを感じられたら、ピストンをはじめます。

 

性急に動かず、ゆったりとした動きを心がけましょう。

 

適度に休憩をはさみながら、時間もたっぷり40分は取ります。こ

 

れまでの愛撫により、互いの気持ちも高ぶっているので、十分な快感を得ることができます。

ポリネシアンセックスのやり方(実践ヴァージョン)

 

本家のポリネシアンセックスは合計で5日間かかるため、現実問題なかなか出来る男女はいないでしょう^^;

 

ということで、実際に私たちがポリネシアンセックスを試してみる場合の実践的な短縮バージョンのやり方を紹介します。

 

3時間で行うポリネシアンセックスのやり方

 

まずは男女全裸になって裸で抱き合います。

 

この時に愛撫は無し。ただただ、抱き合って見つめ合って話をするだけで大丈夫。

 

そして約1時間程度、このままの状態を続けます。

 

その後は前戯。愛撫開始です。

 

ゆっくりゆっくり、全然激しくする必要はありません。

 

1時間程度かけて全身を優しく触って愛撫していきます。

 

ここで無理に相手を気持ちよくしようなどと思う必要は全くありません。

 

優しく体全身をくまなく触れることだけを考えてください。

 

そして、次が挿入です。

 

ただし、ペニスを挿入しても約30分程度はピストン運動はせずにそのままじっと挿入したままの状態で愛撫を続けてください。

 

男性が腰を振ってもいけませんし、女性が腰を動かしてもいけません。

 

おそらく、この段階で腰を動かさずとも女性はイク可能性が高いです。

 

そして、約30分程度経ったところで、ピストン運動を開始します。

 

この時も激しくAV男優みたいに腰を振る必要は全くありません。

 

ゆっくり腰を振るだけで女性はオーガズムに達するはずです。

 

思う存分、イキまくったあとは最後に10分程度、全裸で抱き合って見つめ合いながらピロートークでポリネシアンセックスを締めくくりましょう。

 

ポリネシアンセックスを試してうまくいかなくても全然大丈夫

 

 

実際にポリネシアンセックスをやってみると、最初はうまくいかないと思います。

 

私も思ったような感じで出来るようになるまで10回以上かかりました。

 

なので、最初はマニュアル通りにやることは大事ですが、その後はパートナーと試行錯誤しながら、気持ちいいやり方を見つけるようにしましょう。

 

3時間ではなくて丸一日かけてやってもいいですし、アレンジしてOKです。

 

要は一般的なセックスではなく、時間をかけて肉体だけでなく精神的に満たされるセックスであれば、OKくらいの感じでやっていってみましょう。

ポリネシアンセックスにピッタリの体位とは

 

 

顔を見て会話ができるので、座位はポリネシアンセックスにおすすめの体位です。

 

座位の特徴は、膣の深いところまで挿入できるうえに、男性への刺激は少なめと言われています。

 

したがって、ポリネシアンセックスのように、男性の勃起が長続きしたほうが良いセックスにはうってつけです。

 

また、挿入後ピストン運動が我慢できないと感じる方には側位がおすすめです。

 

激しく動くことが難しい体位なので、ゆったりとした動きが必要なポリネシアンセックスには向いています。

ポリネシアンセックスをやる際の注意点やコツは?

 

挿入する日は、二人だけになる環境を整えましょう。

 

セックスに集中するために、外部との接触はできるだけ控えます。

 

スマホやネット環境はいったん忘れましょう。ホテルなど、邪魔が入らない場所び検討も必要です。

 

部屋の中では、リラックスできるように環境を整えます。好きなアロマや飲み物、音楽など方法はたくさんあります。

 

挿入は午前中が理想です。待ちに待った挿入の日になりますので、最高のコンディションで臨みましょう。

 

また、食欲は性欲と並ぶ人間の欲求です。

 

セックスの前に食欲が満たされると、十分にセックスから欲求を満たすことができなくなる場合もあります。

 

五日目の挿入の日には、直前の食事は控えめに摂りましょう。挿入が朝なら、朝食は摂らないという手もあります。

 

もし摂るとしてもごくごく軽めなものにします。夜も同様に、満腹になって性欲が消えてしまうことにならないよう注意します。

ポリネシアンセックスのメリットとデメリット

セックスのマンネリ防止

 

付き合いが長くなればなるほど、同じパートナーとのセックスはどうしてもマンネリ化してきます。

 

本来は、愛情をいっぱいに感じるセックスのはずが、何となく一緒にいるからセックスをするという人も多いようです。

 

挿入までに時間をかけ、性器への刺激をせずに互いの愛情を確認し合うポリネシアンセックスは、深く相手への愛情を確認することができます。

 

お互いに気持ちが最高に高まったうえでの挿入は、マンネリになりがちなセックス生活の新しい扉を開くことになるかもしれません。

 

最高のオーガズム

 

通常、オーガズムについて、男女でかなり差があります。

 

男性は射精するとオーガズムはおしまいです。

 

女性は、快感の波を長く感じるようです。

 

これに対して、ポリネシアンセックスの場合には、男性も長い快感を味わえるようです。

 

特に男性は、挿入後動かなくても射精をしてしまうような快感の波を感じることになります。

 

同様に、女性も挿入されただけで達してしまうほどです。

 

さらに、挿入中ずっとオーガズムを味わうことになる女性もいるほどです。

 

セックスレス解消

 

男性は女性をイカせることがプレッシャーになる場合もあります。

 

もちろんセックスは気持ちが良いのですが、それ以上に焦りを感じてしまう男性も多いようです。

 

そのため、激しいピストン運動をしていたり、強い力で女性に触れたりしてしまいがちです。

 

長い時間をかけてお互いの気持ちを高ぶらせるポリネシアンセックスでは、女性をイカせることができないと言うような不安を感じる必要はありません。

 

挿入時には、女性は十分快感を得ることができる状態になっていますので、余裕を持った気持ちで女性と向き合えます。

 

ですので、セックスレス解消のきっかけにもなりやすいセックスの種類なのです。

 

肉体的だけでなく精神的に満たされる

 

通常のような、挿入して射精することを目標にしたセックスでは、男女とも大変なストレスを感じているカップルも多いようです。

 

中折れや勃起不全などを心配する男性や、濡れにくくイケないのが悩みだという女性もいます。

 

ところが、射精が目的ではないポリネシアンセックスでは、そんな心配や不安は必要ありません。

 

四日間の間、二人で愛撫し合いながら愛を確かめることは、精神的に充足を得ることができます。

 

セックスレスのカップルにも、新しい喜びになりそうです。

 

 

では、逆にポリネシアンセックスのデメリットとは何でしょうか?

 

時間がかかる

 

やはりポリネシアンセックスのデメリットと言えば時間がかかるということでしょう。

 

特に本家のニュージーランドなどポリネシアン地方に伝わるポリネシアンセックスは、現代の日本人ではほぼ不可能。

 

アレンジしたとしても数時間は必要ですので、気軽に雰囲気で始めるにはちょっとハードルが高いです。

 

時間をかけることで心が満たされるセックスとしてメリットでもあるのですが、あらかじめパートナーと予定を合わせて体調面も考慮して始める必要がありますね。

よく似ているスローセックスとは何が違うの?

 

 

男性の射精でフィニッシュというセックスではなく、互いの愛情を確かめ合うことを目標にしたセックスという点で、ポリネシアンセックスとスローセックスはよく似ていると言えます。

 

ですが、それぞれ必要となる時間が違います。

 

似ているけれど、違うセックスの方法なのです。

 

ポリネシアンセックスは挿入までに最長四日間、愛情を確かめ合うように愛撫を繰り返します。

 

対して、愛撫を1時間ほど、ゆっくりと時間をかけてやりましょう、というのがスローセックスです。

 

結果的にはスローセックスに近い形で、我々のポリネシアンセックスはやってしまうことにはなりますが、そもそものやり方としては全く別物なんですよね。

 

挿入重視の夫婦やカップルにおすすめなのがスローセックスといった感じでしょうか。

まとめ〜セックスレス夫婦にこそポリネシアンセックスは試してほしい

 

 

私もセックスレスの時代がありましたが、このポリネシアンセックスを試してみたことで一気にセックスが楽しくなったという経験があります。

 

ポリネシアンセックスを知れば知るほど、すごく興味が湧いてきて、妻に提案してみたのがきっかけです。

 

ですので、仲良しカップルよりも、出来ればセックスレス気味の夫婦にこそ試してほしいセックスの方法なのです。

 

まずは、「ポリネシアンセックスって知ってる?」と軽く話しかけてみてはどうでしょうか?^^

 

⇒旦那の性欲が弱い原因とは?元セックスレス夫の私が本音で語る解消法

TOPへ